【行動心理学マーケティング2】6つのモチベーションを理解しよう!!



「読者全員に響く文章なんてあるの!?」

心理学が、迷えるブロガーやライターを救います。



こんにちは、ジョニーです。


前回に続き「ブロガー・コピーライター」に
役立つ行動心理学をお伝えしていきます。


心に響く文章を作るなら、人間を知ることから始まります。


今回は「6つのモチベーション」というお話です。


それでは、どうぞ(^^




6つのモチベーション



人間が何か行動を起こす時
モチベーションによって動機づけされます。



例えば「200円上げるから、この荷物をあの場所まで運んでくれる?」
というお願いを、A君とB君
2人の子供に言ったとしましょう…




A君は、ニコッと笑い「やったー!ありがとう!」と
言って颯爽と荷物を運びます。


なのに、B君はしかめっ面をして「お金なんて無くても、やるよ!」と
不機嫌な様子。



なぜこの様なことが起こるのでしょうか?


先に答えを言ってしまうと


A君は「荷物を運ぶという行為によって200円を手に入れれる」
というモチベーションです。


対してB君は「お金という権力に従うことによって荷物を運ばされる」
というモチベーションなのです。


2人には違ったモチベーションが働いている事がわかります。



人間が行動するには6種類のモチベーションがあり
それぞれを理解することでコピーライティングは
より深く刺さる内容になるはずです。



まず、大きく分けてモチベーションには2種類あります。
この2種類のモチベーションを確認しましょう。




希望タイプ(ポジティブタイプ)
こちらは希望をモチベーションにして動くタイプです。
希望タイプは全人口の20%~30%いるとされてます



恐怖タイプ(ネガティブタイプ)
こちらは恐怖をモチベーションにして動くタイプです。
恐怖タイプは全人口の70%~80%いるとされてます



さらにこの二つを「支配」「親和」「達成」3つのタイプに分類します。



希望タイプ

1.支配
支配したい、コントロールしたい
(権威と力を求める)

2.親和
人気者になりたい、認められたい
(地位と名誉を求める)

3.達成
達成したい、成功したい
(達成と報酬を求める)


恐怖タイプ

1.支配
支配されたくない、コントロールされたくない
(不自由や束縛を避ける)

2.親和
仲間外れにされたくない、無視されたくない
(不調和を避け共感を求める)

3.達成
失敗したくない、完璧にしたい
(間違いを避け情けない姿を見せたくない)




では先ほどのA君、B君の例を思い出してみましょう。


A君はどれに当てはまるでしょうか?


正解は希望タイプの達成です。
達成と報酬を求めるのは「希望タイプ」の「達成」になります。


ではB君は?
正解は「恐怖タイプ」の「支配」です。
お金という強い支配欲のあるものよりも
お願いしてくれればすんなりやったのに。
というモチベーションです。

権威に屈しない、力の強いモノに逆らう傾向があります。


この二人を同時に説得させる言葉はあるのでしょうか?
これこそコピーライトの力です。


こんなのはどうでしょう?


「お願い、困ってるの。この荷物を向こうまで運んでくれない?
少ないかもしれないけれど、200円のお小遣いでどうかし?。」


コピーライティングでは6パターンのモチベーション全員に
響くように文章を作成しなければなりません。


最初に全人口の
「20%~30%は希望タイプ」
「70%~80%は恐怖タイプ」
と比率を書いたのはそのためです。


この6つのモチベーションを知ってライティングすれば
より多くの人に完読してもらえますよ。




まとめ


いかがでしたか?

まだまだ、コピーライティングに必要な行動心理学はありますが
眠くなる前に今回のお話は終わりです(^^



最後までお読みいただいて、ありがとうございました。

ジョニー


この記事へのコメント